人気が高まってきた自然葬の概要とその注意点とは

###Site Name###

亡くなった後は自然に還りたい、今そうした思いから自然葬の人気が高まりつつあります。

自然葬とは、亡くなった後に墓に入ることなく、例えば遺骨を海などに散骨することを指します。



土葬や風葬も広い意味での自然葬と言えるでしょう。

昨今は終活という言葉が示すように、自分なりの人生の終わり方、その後の始末の仕方にこだわりを持つ人が増えてきました。

自然葬情報を調べるならこのサイトです。

加えて、自然に還るという自然志向の考えが強くなり、こうした葬儀の仕方が志向されるようになったと言えます。

また、少子化が進み、昔のように家代々のお墓を守って行く、という生活スタイルが難しくなったことも、その背景にあるでしょう。

子供たちが離れて住んでいるので、死後お墓に来ることも難しい、それならいっそのことどこか自分の選んだ地で静かに眠りたい、というわけです。


しかし、どこでもかまわず散骨していいのか、というと決してそのようなことはありません。

やはり、骨をまく際には注意が必要です。

海の場合、公海上5海里以上の場所であれば、散骨しても良いということになっています。

Wikipediaの優良サイトならこちらで見つかります。

気をつけたいのは陸上で、他人の私有地にまいてしまうことです。

これは法律上認められておりませんので、散骨する場合にはよく確認しましょう。

以上のことを考えると、やはり専門の業者にお任せするのが安心できるでしょう。その場合にも、その業者の過去の実績などのチェックを忘れずにしておくことをおすすめします。


自然葬にはどこかロマンティックな響きを感じます。

しかし、周りの人や自然環境に迷惑をかけてしまっては、そのロマンも台無しです。

モラルや規則を守って、すてきな葬儀にしたいものです。